かくほーログ

かくほーログ

見た感じ、そのまんま

タイ旅行③~アメリカかぶれがハマりそうなナイトマーケットが楽しすぎた~

 

タイ旅行日記第3話です。

第3話と言えば、サトシがキャタピーを捕まえたくらいですが、僕は捕まえるのではく、食べました。東南アジアでありがちの、何かの幼虫を揚げたものです。

読者様が減ったら困るので、写真は載せないでおきます。

 

 

 

さて、今回はタイのナイトマーケットの紹介です。

タイに限らず、東南アジアへの旅行の楽しみ方の一つには、マーケットに行くことだと思います。

 

マーケットというのは、日本で言うバザーとか、フリーマーケットみたいな感じだと思います。そのマーケットでは、服とか工芸品とかが安く売られていたり、ストリート飲食という屋台で食べたり飲んだりして楽しむことが出来ます。

 

 

ベトナムカンボジア、タイではそういうのが多いです。あんまりよくわかんないんですけどベトナムに関していえば、ベトナム社会主義国ですので、それぞれの土地の権利は個人にはありません。なので土地に値段がついていません。

 

日本では例えば家を買うとき、家の値段と、その土地の値段を支払わなければならないですが、ベトナムでは家の値段だけで土地の値段は含まれません。もちろん栄えている地域では、家の値段が田舎よりも高くなっているので、実質は土地の価値もあるようにも思えますが。

 

しかし日本と違うのは、おそらく土地に権利などがないので、どこでも店を開くことができるという点です。

店というか、屋台というか、そういうのがそこらへんにたくさんあるのは、そういう事だと思います。

調べてないのでわからないですが、カンボジアにも有名なナイトマーケットがありますし、屋台もたくさんありました。

 

 

そして、タイもベトナムカンボジアに負けず劣らずたくさんのマーケットがあります。

僕はこの一年で様々な国のマーケットに行っていると自負しております。

本気を出せばこのマーケットへ行った経験で小説を書くことができるくらいです。もちろん18禁です。

その新人小説家(仮)の僕が今回タイのマーケットを紹介します。

サインがほしい人はベトナムまで来てください。

 

 

 

マーケットといっても、たくさんのマーケットがありすます。朝からずーっと行っているマーケットもありますし、夜だけの開かれるマーケットもあります。これがナイトマーケットですね。 

  

 

タイにはいろんなところでマーケットが行われていますが、今回はその中の一つのタラートロットファイラチャダーというナイトマーケットを紹介します。

今までいろんなマーケットに行ってきましたがここが一番楽しかったので。ほんとに楽しかった。楽しすぎて、勢いで、キャタピー食べちゃった。100バーツ(350円くらい)で。

 

 

このマーケットはバンコクの市内からちょっと離れたところにあります。市内がどこかいまいちわかりませんけど。

[http://:title]

 

 

ここのマーケットの特徴は、他のマーケットにはないコンセプトがあって、それは

 

「レトロ」、「アンティーク」、「ヴィンテージ」です。

 

それぞれの言葉の意味の違いが全くわかりませんけど、とりあえず並べてみました。

 

 

このマーケットを楽しむにあたって、主に3つにわけることができます。

 

まずは、展示物やお店の見物を楽しむことです。

 

古いバイクだったり、車だっだりがたくさん展示されているし、ガレージを改装してそれをお店にしている店もたくさんあるので見ているだけでも十分楽しめます。

f:id:kakuho22:20171004112835p:plain

f:id:kakuho22:20171004112747p:plain

f:id:kakuho22:20171004113028p:plain

f:id:kakuho22:20171004113113p:plain

 

アメリカンを感じることもできるかもしれません。何がアメリカンなのかはわかりませんが、人生でいつしか僕の価値観に埋め込まれたものが、そう感じています。

もしかしたらこのマーケットにいる瞬間だけ僕もアメリカ人になっていたかもしれません。

 

 

 

二つ目は、雑貨店。

マーケットですからね。

お店がないマーケットはルーのないカレーライスと同じです。

 

 

レトロっぽいおしゃれな雑貨も売っていれば、普通のフリーマーケットと同じように(中古ばかりではないですけど)、衣類などを売っているお店もあります。

 

 

 

f:id:kakuho22:20171004113649p:plain

 

 

 なんかステッカー屋さん 

f:id:kakuho22:20171004113340p:plain

 

インテリア?

おしゃれですね。僕なんかはこの中で息をするのも許されないという感じでした。

f:id:kakuho22:20171004113451p:plain

 

 

 デニムに絵を描いて売っている人も。

とても絵が上手で、素晴らしいスキルだと思うんですけど、何かのパクリだからダメなんですよね~。創造性がほしいなー盗難アジアは。あ、漢字間違えた。

f:id:kakuho22:20171004114026p:plain

 

 

三つめは、飲食です。

タイの現地の料理を屋台で楽しむこともできるし、バンドやショーを楽しみながらお酒を飲めるバーもたくさんあります。

 

f:id:kakuho22:20171004114438p:plain

 

おしゃれな店もたくさんあった。

f:id:kakuho22:20171004114420p:plain

 

 

 ガレージ、つまり車庫

を改装して開いているBar

f:id:kakuho22:20171004114530p:plain

 

 

いたるところでライブしてて盛り上がってる。

f:id:kakuho22:20171004114636p:plain

f:id:kakuho22:20171004114745p:plain

 

f:id:kakuho22:20171004114836p:plain

 

 

ここは世界中のビールやお酒が売られている屋台でした。日本酒も売ってた気がする。

あと韓国のマッコリとか

f:id:kakuho22:20171004114901p:plain

 

 

 

そして突然の床屋。

美容院と言ってもいいのだろうか

f:id:kakuho22:20171004115028p:plain

 

 

 

 

と、こんな感じでした。

とても盛り上がっていて、本当に楽しかった。夢中であんまり写真を撮っていないです。本当に楽しい時は写真すらとるのを忘れますよね。

 

でもこのマーケットのためにタイにまた旅行行くのもありというくらい楽しかったです。次回行くときはもっと写真を撮ってまた記事にしようかなと思います、覚えてたら。

 

 

ちなこういうマーケットの弱点は天候が悪い時ですね。

今回は天候が良かったのでラッキーでした。

 

タイ旅行日記第三話、完。