かくほーログ

かくほーログ

見た感じ、そのまんま

虫歯に詰めてた【銀の詰め物】が取れてから4カ月経ったんだけどなんか質問ある?

おはようございます。こんにちは。こんばんは。全部合わせて、おこんちば。

 

今年は前厄だか本厄の僕です。

 

 

 

運がいいか悪いかなんて、ものの言い様というか、とらえ方によると思うんですけど、僕がベトナムに来て運が悪いと思った瞬間としては、デング熱にかかっただけではないんですね。

 

 

タイトル見たらわかると思うんですけど(わからない人は自分の母語が本当は何語なのか今一度確認した方がいいです。)ベトナムに来てから、2か月経った6月初旬に、銀の詰め物が取れたんですよ。

 

この原因は明らかです。僕が小学1年生くらいから歯磨きをテキトーに済ませていたから、虫歯になってしまい、北海道小樽市にあるお〇つ歯医者に通うことになり、虫歯を削ってそこに銀の詰め物を詰めたということがこの不幸を招いたと思います。

 

 

しかしベトナムでは(というか海外では)歯医者は海外保険の対象にならないので、結構お金がかかるんですよ。調べてみたんですけど、多分ベトナムで治療しても、2万円~のお金がかかります。

 

ですから4か月間放置していたわけです。

 

そしてその虫歯が最近本格的に痛いです。

 

この原因は明らかに、歯の治療が海外保険の対象になっていないところにありますね。海外保険の対象になっていれば、僕はすぐさま歯の治療に行っていたところでしょう。

本当に不幸だと思います。

 

安く済む方法もあるんですよ。ベトナムにはローカルな歯医者もあるみたいですから。ローカルだから多分免許とかないんだろうなと思います。

 

いくら安く済むからと言っても、さすがに何されるかわからないので、行っていませんでした。英語や日本語が通じないかもしれませんしね。

 

間違えてすべての歯をセラミック加工とかにされても困りますし、インプラント治療とかをして、歯の本数が増えてしまうのは避けたいですから。

 

 

しかし最近、痛くなったとは言っても、これに耐えるしかありません。

もし滞在する期間が200年とかなら、高いお金を払っても歯医者に行こうと思いますけど、

日本に帰国するまでの残された期間は、2か月半です。日数にすると82日間、時間にすると1968時間、分にすると118080分間、秒数にすると7084800秒間です。こんな短い期間では行く気になりません。

 

 

痛いといっても、何かを食べているときにしか痛くならないし、普通にしているときは何にも感じないので、多分大丈夫だとは思いますが。

 

 

もし、今後、これからのご時世で、ベトナム間違って長期滞在してしまう人がいて、生春巻きを食べているときに突然銀の詰め物が取れてしまい、歯の治療をしに行くのを毎日うっかり忘れてしまう人が現れるかもしれないので、そんな時はこれは食べてはいけないというのをアドバイスとして書いていこうと思います。

 

 

 

 

 

1、塩

 

 

ベトナムの料理を食べるとき、よく塩をつけて食べます。いやむしろ何でも塩をつけて食べているといっても過言ではありません。(過言です。)

 

フルーツとかきゅうりとか、あと茹で?の鶏肉とか豚肉は基本的に塩をつけて食べるんですが、これめっちゃ歯にしみるので、しょうゆをつけて食べた方がいいです。

 

 

 

 

2、バナナの木?花?から作る野菜

 

 

すいません名前わからないんですけど、ベトナム料理で、鍋ととかによく入れて食べる野菜で、バナナの木の花?を細長く切って食べるものがあります。長いもやしみたいな。もやしよりももっとしっかりしているというか柔らかくはないんですけど。触感はシャキシャキしてます。

 

f:id:kakuho22:20170913133656j:plain

 

 

これはベトナムというか、バナナの木が生えている国でしか食べられないんじゃないかなと勝手に思っています。

これ地味に美味しいんですけど、なぜか歯にとてもしみます。ほかの葉っぱはしみないんですけど、これはなぜか歯が痛くなります。

 

 

 

3、犬肉

 

茹でた犬肉じゃなくて、焼いた犬肉はめっちゃ虫歯にしみます。最初から塩味になっているからなのかわからないですけど。

犬肉は結構硬いししっかりした肉なので、詰め物の取れた虫歯には天敵です。見た目は普通ですよ。毛の生えたウェルダンサイコロステーキって感じ。

 

 

 

4、オレオ

 

 

この前なんかの記事紹介しましたけど、ベトナムではオレオがとても安く売っていて、しかも味のレパートリーが豊富なんですよ。

 

普通に美味しいので、よく買って食べてたんですけど、オレオ食うと心臓に悪いです。

 

オレオ食べることで歯が痛くなるわけではないんですが、詰め物が取れたところを放置しているということは、治療のために削られた歯はになっているということですよね?わかりやすく言うと、穴があるというか、へこんでいるということです。

 

この溝に、オレオの黒い部分が詰まるですけど、これがまたリアルに虫歯で黒くなっているように見えるんですよ。

 

銀の詰め物が取れたといっても、歯と銀の詰め物の間には接着剤的な役割をする何かも一緒に詰め込まれているので、銀の詰め物が取れたとしても、真っ黒ではなく、白いというかクリーム色なのが普通です。

 

なので歯の溝にオレオの黒いのが詰まってた時、心臓麻痺を起すかと思いましたね。ブラックホールがそこにあるみたいな。

虫歯が広がったのかと思ってさすがに歯医者に行こうと思いましたけど、歯を磨いたら全部とれました。当たり前だけど。

 

 

 

5、マンゴー

 

マンゴー割と歯にしみる。ベトナムってよくマンゴーを熟さないで食べるので、柔らかくないし、歯にも優しくないです。しかも粉末状にした唐辛子を付けたり、塩を付けないと、ほとんど味がないので、そのまま食べれないし、調味料をつけると歯が痛いし、基本的にいいことありません。

 

 

 

6、歯磨き粉

 

ベトナムの歯磨き粉、虫歯にしみる歯磨き粉としみない磨き粉があります。吟味して選ばなければならないですね。ハーブの歯磨き粉は確かしみなかったと思います。

 

 

 

 

 

 

 

日本に帰国するまで、耐えられるんでしょうか。

皆さん、海外に長期滞在する際には、歯の検診をしてから行くのがいいと思いますよ。

まさかベトナムで銀の詰め物が取れるとは思ってませんからね。盲点でした。